土塀修復工事その後


江戸時代につくられた土塀の

大規模修復工事を行っています


表面の荒れた漆喰をはがし

中の荒壁の修繕を施しています


写真の白い部分が痛みのひどい部分

土色に見えている部分は

これ以上崩れないよう

専用の強度補強材をあてがい

水分を足してコテで押さえてあります



瓦の下にアゴと呼ばれる

壁が飛び出した部分があります

ほとんどが崩れていますので

左官屋さんの技術で補修します

職人さんの経験と技術に頼る

「職人の技」です



江戸時代に当時の職人さんが

苦労して造られたであろう土塀

令和の時代に現代の左官屋さんが

同じように技術をもって

修繕にかかります



現在行っているのは下地部分で

この作業を繰り返し

もとの土塀の形を造っていきます


その行程が終わると

いよいよ表面に漆喰を施工します



漆喰の行程に移るのは

もう少し先です


知多市にある由緒ある御寺

高台にあり清々しい空間が広がります


仕上がりましたら

御稚児行列で彩られる予定との事

今から完成が楽しみです


300年の時を越えて

当時の職人さんの息づかいを

感じる御仕事です


御依頼を頂いたこと・・・

私共の職人さんがこの仕事を

当時の職人さんに負けないよう

挑んでくれていること・・・

本当にありがたく思います


次回また

この続きを御案内致します🌿


コメント
コメントする








   

カテゴリ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

エントリー

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

サイト内検索

その他

QRコード

qrcode
株式会社風