熱中症はなぜふえるのか?



暑い日が続いています、
台風の影響で湿度も高く
毎日、熱中症のニュースを聞きます。

この熱中症、昔からこんなに頻繁に
あったのでしょうか?

炎天下に運動場で先生の話を聞いてて
ダウンする子供はいても、
室内で熱中症にかかり病院へ・・・、
という話は聞いたことがありません。

今と昔、何が違うのでしょう?

平均気温の上昇があるのは
否めないと思います。
でも、夏を乗りきられる体力を
無くしてしまっているのが
大きな原因なのでは?と思うのです。



エアコンをかけ快適な室内で過ごす、
当たり前の夏の過ごし方ですが
この過ごし方を長く続ければ、当然
エアコンのない場所では過ごしにくい
ということになります。
身体は正直で、過ごしにくいから
体に変調をきたすのでは?と思います。

しかしながら、現代の家はエアコンを
利用する前提で造られているため、
エアコンが無ければ、それこそ、
家の中で熱中症になってしまいます。

家自体に湿気を逃す機能や
夏に家の温度を上げない機能、
風を通し家を涼しくする機能など、
昔の家には当たり前に備わっていた
機能はエアコンがあればいらない
ということになり、
エアコンがよりよく効くような
家造りが主流になりました。
窓を小さく、断熱性気密性を高く
というのが今の家です。
エアコンが無ければ過ごせません。

必然的に夏の間はエアコンの中で
過ごすことになり、子供たちは
生まれたときからエアコンの中で
夏を過ごしています。
このように身体がつくられているので
夏の高温多湿の中に長い時間いれば、
変調をきたすということになります。

家は身体を育む場所、
家工房はそう考えています。
出来るだけ自然のまま、
毎日健康に過ごせる身体をつくる、
家にはその機能がなくてはいけない、
と思うのです。

家工房の家はエアコンに頼らなくても
真夏でも快適に過ごせる昔ながらの
工夫が生きています。



真夏でも涼しい風が抜ける家、
ぜひ、ご体感ください。

コメント
コメントする








   

カテゴリ

カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

エントリー

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

サイト内検索

その他

QRコード

qrcode
株式会社風