風の老人ホーム『ごんの里』基礎工事が完了しました

現場は建前が始まりました。
風と雪に阻まれ、数日工事がストップしましたが、
たくさんの職人さんのおかげで予定通りすすんでいます。




12月10日に完了しました基礎工事の模様をお届けいたします。

11月の初旬、現場での打ち合わせの様子です。
大工さん、基礎屋さんで最終の調整に入りました。
全長が約50メートルの大きな建物です、
基礎は肝心要…、それぞれの持ち場を責任もっておさめます。



丁張りをしています。
この作業で建物の高さを決めます。
大雨や水害時、水の心配はないよう高い位置に設定しました。



基礎の一番下になる部分をつくる作業をしています。
ベースといいます。
この下には地盤改良をした強固な地盤があり、
共に建物を下から支えます。



ベースの背筋をつくっています。



ベースの作業が終わり、基礎の立ち上がりの部分をつくります。
鉄筋をはさんでコンクリートを流し込みます。



コンクリートを流し込み、数日後型枠を外します。
型枠の撤去作業中です。



基礎の姿がみえました。
この上に、住まいができるのです。
基礎は、人の目に触れるものではないですが、
職人さん方は無事建物が建つよう、
細かなチェックを繰り返しながら工事を進めています。



基礎の上に並べる土台です。
ヒノキの芯材を使用します、
ヒノキの芯材は強く、建築基準法でも防蟻処理をしなくても良いとしています。
私達はここにさらに柿渋を塗り、土台を守ります。



柿渋を塗りました。
柿渋は防腐、防蟻効果があり、目に見えない部分を守ります。





足場工事をしています。




このあと、いよいよ建前の作業に入っていきます。


 

コメント
コメントする








   

カテゴリ

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

エントリー

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

サイト内検索

その他

QRコード

qrcode
株式会社風