現場レポート その2 【建前編】

前回のレポートの【建前の様子】をご紹介いたします。




一日半かけて基礎のうえに建物の骨組みの部分を組み上げていきます、
この作業は大工さんの経験と技術なくして行うことができません。

私たちの建てる『家工房の家』は柱も梁も、タルキに至るまで、
壁や天井の中に隠れることはありません。
常に住まい手の目に届くところにそのすべてが露出しています。

実は現代の建物において、すべての柱や梁等が露出している
「真壁構造」の家は本当に少なくなりました。







真夏の暑い日・・・・・・・・・・・・・

お天気は快晴、大工さん、レッカーさん、総勢11名で工事を行います。




朝一番、棟梁とお施主様ご家族とでお神酒でお払い・・・、
事故無く大切なおうちが建ちますように・・・。

小さなお施主様も一緒にお塩をまいてくれました、
朝早くからありがとううね(^^)



お施主様からご挨拶をいただきます。
大切な財産の担い手にしていただいた私たち、
お施主様の一言一言を大切に心に留めます。



初めの柱が立ちました。
柱は桧です。



すべての柱を手作業で立てた後、レッカー車で梁と桁を掛けます。
梁と桁は松です。



二階の柱が立ちました。



丸太をかけています。
二階に上がるといつもこの丸太が見えています。
丸太は松です。



屋根組みを作っています。
家の形がわかるようになりました。



桧のタルキがかかりました。
屋根の形がわかるようになりました。



タルキの上に野地板をはります、杉の無垢板です。



桧の皮をひき、建前の作業を終了します、
屋根の工事が始まると、この上に土をのせ瓦を葺きます。



工事が終わり、餅投げが始まりました、
お施主様が皆様そろって屋根の上にあがり数えきれないほどのお餅をなげます、
近所の方やお施主様のご友人、百人を超える人でおお賑わいでした。

最近では見かけなくなった餅投げですが、
こんなにすばらしい日本の伝統は残していくべきです。

ほんとうに感動的でした。





こうして建前の作業が終わりました。

怪我や事故も無く、無事、家の骨組みができあがりました、
この家はこの先、長きに渡り家族やその子孫を見守っていきます。

私たちはその担い手として携わらせていただきましたことに心から感謝し、
これからもこの家の繁栄を見守ってまいりたいと思います。







建前の工事風景から・・・・・・

柱と梁と桁とタルキ、美しく組まれた軸組みです。
金物は出来るだけ使わず、木と木の接続には金物ではなく込み栓を使います、
込み栓は木で作られていて構造材の木となじみ強さを増します。



野地板の施工中です。
家の外も中もこの板が見えています。






棟木が施工され家の屋台骨ができたことをお祝いする儀式、棟上式です。

建前の最後に、お施主様自ら棟木にお札を上げられました。
このお札は地鎮祭のときに宮司さんから授かったものです、
生涯、家の繁栄と家族の健康を見守っくれるでしょう。







お施主様、おめでとうございます。
本当にすばらしい心に残る二日間でした。

たくさんのお心遣いとご協力に心より感謝申し上げます。

大工さん、二日間、ありがとうございました。
この年最高の気温のなか、お疲れ様でした、
おかげさまですばらしい家が建ちました。

これからもよろしくお願いいたします。




この住宅は先月、お施主様へとお引渡しをさせていただきました。
これから始まる『家工房の家』での生活のいろいろな場面、
お話をお聞かせいただくことがとても楽しみです。



次回は土壁付けの後の工事のレポートをいたします。
家の中の細かい工事や外壁の工事などのご紹介です。
お楽しみに・・・。




コメント
コメントする








   

カテゴリ

カレンダー

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

エントリー

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

サイト内検索

その他

QRコード

qrcode
株式会社風