熱中症はなぜふえるのか?



暑い日が続いています、
台風の影響で湿度も高く
毎日、熱中症のニュースを聞きます。

この熱中症、昔からこんなに頻繁に
あったのでしょうか?

炎天下に運動場で先生の話を聞いてて
ダウンする子供はいても、
室内で熱中症にかかり病院へ・・・、
という話は聞いたことがありません。

今と昔、何が違うのでしょう?

平均気温の上昇があるのは
否めないと思います。
でも、夏を乗りきられる体力を
無くしてしまっているのが
大きな原因なのでは?と思うのです。



エアコンをかけ快適な室内で過ごす、
当たり前の夏の過ごし方ですが
この過ごし方を長く続ければ、当然
エアコンのない場所では過ごしにくい
ということになります。
身体は正直で、過ごしにくいから
体に変調をきたすのでは?と思います。

しかしながら、現代の家はエアコンを
利用する前提で造られているため、
エアコンが無ければ、それこそ、
家の中で熱中症になってしまいます。

家自体に湿気を逃す機能や
夏に家の温度を上げない機能、
風を通し家を涼しくする機能など、
昔の家には当たり前に備わっていた
機能はエアコンがあればいらない
ということになり、
エアコンがよりよく効くような
家造りが主流になりました。
窓を小さく、断熱性気密性を高く
というのが今の家です。
エアコンが無ければ過ごせません。

必然的に夏の間はエアコンの中で
過ごすことになり、子供たちは
生まれたときからエアコンの中で
夏を過ごしています。
このように身体がつくられているので
夏の高温多湿の中に長い時間いれば、
変調をきたすということになります。

家は身体を育む場所、
家工房はそう考えています。
出来るだけ自然のまま、
毎日健康に過ごせる身体をつくる、
家にはその機能がなくてはいけない、
と思うのです。

家工房の家はエアコンに頼らなくても
真夏でも快適に過ごせる昔ながらの
工夫が生きています。



真夏でも涼しい風が抜ける家、
ぜひ、ご体感ください。

軒裏のしつらえ



築100年を経過した家の軒下です。

写真の中程に見えるのは、「雀口」といって、壁と屋根が接続する場所にできる隙間です。
すの隙間にワラを束ねたものを埋め込んであります。
このワラを束ねたものが無いと「スズメ」が家のなかに入ってきてしまうことから、「雀口」と言われています。

現代の家のこの部分は完全にふさがれ、空気の浸入さえありませんが、この時代の建物は、ワラを使用することで空気の流通する隙間を残しています。



この隙間を残すのは、夏場の室内の熱せられた空気が室内に滞るのを防ぐ為です。
家の中と外の温度の差で空気が動くので、この「雀口」を利用して熱くなった空気は自然に外に出ていき、室内を涼しく保つ事が出来るのです。

昔はエアコンなどの便利な機械は無かったので、このような小さな工夫をいくつも積み重ねて、暑い夏を快適に過ごす為の家造りをしていました。

今、盛んに、「エコ」が言われていますが、暮らし方そのものが変わらなければ、根本的な解決は難しいのではないかな・・・、と思います。

株式会社 風では、現代の暮らしのなかで、エアコンなどに頼らない家造りを提案しています。
「エコ」であることは勿論、身体にも負担がなく、心身ともに穏やかで健やかな暮らしを手に入れる事が出来ると考えます。

今日、外は30度を越えるような夏日になりましたが、株式会社 風のモデルルームや事務所は涼しく快適でした。

ぜひ、自然な空気で感じる涼しさを体感しにお越しください。










| 1/1PAGES |

カテゴリ

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

エントリー

アーカイブ

最近のコメント

プロフィール

サイト内検索

その他

QRコード

qrcode
株式会社風